DORADO GALLERY ドラードギャラリー

第12回 創作表現者展 参加者募集

2022<<創作表現者展>>募集要項。

(開催期間)12/3(土)~12/10(土)7日間

<オープン:連日12時〜20時>水曜定休

※併設のバロック(アートショップ)もすべて開放して、2フロア全体にて展示させていただきます。

<<募集作品内容>>

テーマ/各種、自由
●平面(絵画のほか、写真やコラージュも含む)
平面コース・・・縦横ともに35CM以内。
(目安)キャンバスやパネルの場合、F4号までの額なし可能。
額付きの場合は、サムホールサイズまで。
その他、水彩、写真等は額をふくめ、各辺35CM以内
であれば大丈夫です。
(基本的に額があってもなくても、35センチ以内でお願いします)

立体作品・・・(材料、様式を問わず)
Aコース・・縦横および高さの各辺35CM以内

出品料金・・・平面・立体ともに、7日間(9000円/税込み)
ドラード国際芸術文化連盟の方は1000円引き(8000円税込)

出品は基本1作品のみですが、
平面&立体の1作ずつのみの場合、2作品出品可能。
その場合、2作品特別価格として15000円(税込)

(搬入)
作品納品は、直接納品や宅配を問わず、
12月1日(木曜)12〜20時までの営業時間内にお願いします。
(展示作業は翌日こちらでいたします。)

(搬出)
直接搬出の方は・・12月11日(日)12〜14時の間にて
引き取りをお願いします。
搬出に来れない方は、会期後日、こちらより返送
(宅急便着払いにて送らせていただきます)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(その他の要項)

●公募ですが、作品販売は可能です。
その他、買い上げを伴う受賞もあり、
(特殊な場合をのぞき)基本、販売作品でお願いします。

搬入時のキャプションに<税抜き表記>価格でお願いします。
(千円単位の価格でお願いします)

価格設定そのものは個々の販売実績や裁量におまかせします。

コミッション等考慮のうえ、値段の設定をしてください。
※販売時の販売コミッションは、売り上げに対する消費税+税抜き価格から30%になります。
※販売時の作家取り分:税抜き70%
(コミッションには売上げの対する消費税を含みますが、
販売経費としてのクレジットカード手数料などの販売経費は店舗側で負担いたします。)

※ご売約の場合も、作品は期間中、そのまま展示され、
会期後に、購入者に発送もしくは店舗保管のうえ受け渡しをいたしております。
発送に関しては基本、当画廊より梱包して配送作業します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ご応募は・・
メール先/dorado@oldtimes.jp
電話でお申し込みしたい方は03−6809−3808
(水曜を除く12〜20時)
※メールは携帯からでなく、PCアドレスからのメールをお願いします。
(携帯メールの方はパソコンメール受信などの各種設定をご確認のうえお願いします。
まれに受信できなかったり、こちらからの送信がはじかれるといったケースがこれまであります。)

応募メールでは・・
タイトル「創作表現者展参加希望」

本文は・・
作家名(本名と違う場合は本名もお願いします)
住所・電話番号(携帯可)
および、
(出品希望内容)
平面1もしくは立体1、もしくは平面・立体両方、
など、ご指定をお願いします。
電話申し込みでも同様です。

※ドラードの展示会が初参加でご応募の方のみ、
これまでの過去作(サイズ不問)の作品画像を3点添付のうえ、
各作品の詳細(例・キャンバスに油彩、紙に水彩・・等)を
明記のうえ、お申し込みください。

審査料は無料です。

※申し込みいただき、こちらからの予約エントリーを返信いたしますので、
予約エントリー後、1ヶ月以内にお振込をお願いしています。
入金確認後に、正式エントリーとなります。

※公募の性質上、正式エントリー後は
キャンセルは不可とさせていただきます。

(受賞審査について)
●毎回、様々な分野から審査員(おもに、美大教授・美術雑誌編集部・美術評論家・
有名クリエイターなどから)を招聘し、
参加者のなかから受賞作家の顕彰をいたしております。

※受賞者全員に、特製の受賞盾や賞状をお贈りいたしております。
人気作品投票1位の方や総合グランプリの方は
会期後1年間の間に
「招待個展」「画集制作」「美術雑誌紹介」
を副賞とさせていただきます。
その他、グループ展としての受賞作家展もあります。

ご不明な点や質問はお気軽にお申し付けください。

(主催/問い合わせ先)
ドラード国際芸術文化連盟
ドラードギャラリー
新宿区早稲田鶴巻町517−103
03−6809−3808
(12〜20時)

ドラードギャラリー /ドラード国際芸術文化連盟
代表 小原 聖史